歯と健康・生活について

歯とお口の健康は、充実した生活(人生)を送る為に絶対に必要な事です。

● むし歯になりやすい食習慣

さて、問題です。
どちらが虫歯になりやすいでしょうか?

A、朝、昼、夜、3度の食事だけの人。
B、3食以外にもおやつや夜食な度、間食の多い人。

これは正解する人が多いと思います。
答えはBですね。
その理由は、動画をご覧ください。


● 歯並びも良くなる? 女性は良く噛んで食べましょう!

健康なお口は誰もが望むことだと思います。
加えて、特に女性の方は「美しい口元」も望まれると思います。今回は、コストをかけずにキレイな口元になる方法を紹介しましょう。

その方法や至ってシンプル、よく噛む事です。お口に入れた食べ物は30回から40回は噛むようにしましょう。日頃からよく噛んで、健康的で美しい口元を維持してください。
よく噛む事のメリットは・・・ 動画をご覧ください。

● すぐできる!すぐ潤う!ドライマウス体操

ドライマウスという症状はご存知ですか?
誰でも緊張などによって一時的に口のなかが乾く事がありますが、常に口の中が乾いている状態が、ドライマウス(口腔乾燥症)です。

ドライマウスはさまざまな問題を引き起こすのです。まずは、食べ物の味がわからなくなります。そして、口が乾いて眠れなくなります。さらに、口の中の細菌が繁殖してむし歯や口臭がひどくなります。
ドライマウスを予防する口の体操をご紹介します。

● ドライマウス対策で風邪予防

軽度のうちは、口腔内のネバネバ感を感じることが多く、歯垢がたまりやすくなって、むし歯も増加します。 重度になると、口腔内の乾燥がさらにひどくなって、強い口臭がして、舌の表面がひび割れるようになります。 さらに、口のなかが痛くなってきます。そして、ウイルスが体内に入りやすくなるため、風邪などもひきやすくなるんです。

たくさんの問題をもたらすドライマウスは、唾液腺を刺激することで改善できます。 唾液腺の刺激方法は、動画をご覧ください。


● 風邪予防に裏ワザあり!

気温が下がって空気が乾燥してくるとウイルスが蔓延して、風邪が流行しますよね。風邪予防と言われて皆さんが思い浮かべるのはうがいと手洗いだと思います。これにもう1つ、裏技を追加していただきたいと思っています。それは舌クリーニングです。

風邪菌はのどに入っていく前に舌の上に乗ることがあるんです。舌クリーニングで舌の上を清潔にしておけば、風邪予防につながります。1日に1回は口腔ケアに舌クリーニングを加えてください。
舌清掃の仕方はこちらより。


● 女性の更年期障害と唾液の関係

ホルモンバランスの不調によって、さまざまな不調に悩まされるのが更年期障害ですが、発症する年齢も40代前半から50代、60代とバラバラです。

唾液の分泌量が少なくなり、ドライマウスになるのも更年期障害の代表的な症状の1つとされています。また、更年期障害でなくても、加齢とともに唾液が出にくくなると考えられている部分もあります。
しかし・・・
続きは、こちらの動画をご覧ください。


ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせは

歯とお口、健康と生活:
PCP丸の内デンタルクリニック(東京都千代田区丸の内の歯科医院・歯医者、東京駅 徒歩1分)