歯周病(予防と治療)

歯周病の怖いところは、虫歯と違い初期段階では痛みを感じる事が少ない点です。歯周病は、本人に自覚がないままに進行するという病気である為、歯周病が進行していると思われる患者様には充分に歯周病に関するご説明を行い、治療の必要性をお話しするようにしております。

● 歯周病と全身疾患のリスク

歯周病は進行すると歯が抜けてしまう病気です。
しかし、その危険性を実感していない人がとても多いと思います。実は、歯周病の怖さは、歯が抜けてしまうと言う事だけではありません。

歯周病は糖尿病、早産、未熟児、心臓病、脳卒中、肺炎など、さまざまな病気を引き起こす可能性があるのです。そんな怖い歯周病を予防し、全身の健康に繋げるには・・・
是非、こちらの動画をご覧ください。


● 歯周病と加齢は無関係!?

歯周病は25歳以降では80%以上の人になんらかの症状が見られ、年齢とともに進行していることが多いというのが現状です。しかし、誰もが歳をとると歯周病になるのかというと、そんなことはありません。

歯周病の原因は大きくわけて2つあります。
1つ目は歯周病菌への感染。
2つ目がかみ合わせのバランスの悪化です。
歯周病は年齢を重ねると絶対かかるもの、という概念は捨てましょう! 
では、歯周病を予防するには・・・


● 歯をしっかり磨いているのに歯周病になってしまう?

今や歯周病は30歳以上の成人の8割がかかっていると言われます。歯周病はしっかりと歯をみがいていれば予防できると考えている人が多いと思いますが、では、それだけの人が歯をみがいていないのでしょうか?

確かに歯周病菌が原因の歯周病予防には歯みがきは大切です。でも歯周病菌で歯周病になったケースは全体のわずか2、3割という調査結果があります。
残りは・・・  詳しくは、動画をご覧ください。


● 歯周病が治った後に待っている怖いこと

歯周病治療のおかげて歯周病が改善した、治ったというときはほっとするものです。歯周病から解放されたーと思うと、うれしくなりますよね。でも、そのあとに怖いことが待っているんです。それは再発です。

歯周病が治ったあとに行わなくてはいけない、最も大切なことは定期的な検査やメンテナンスです。これを怠ってしまうと、多くの人がせっかく治った歯周病を再発させてしまうんです。
詳しくは、こちらの動画をご覧ください


● 最近、赤ちゃんを授かった!そんなご家庭は要注意!?

最近、赤ちゃんを授かった方、おめでとうございます。そんなご両親に是非受けて頂きたいのが歯科検診です。 これを怠っていると、もしかしたら愛するお子さんが将来、むし歯や歯並びなどで問題を抱えてしまうかもしれないんです。

赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌も歯周病菌ももともと存在しません。実は、こうした菌にはご両親とのスキンシップによって感染するのです。
詳しくは、動画をご覧ください。


● 女性ホルモンと歯肉の関係

歯周病につながる要因は、咬合、口内環境、そしてドライマウス等ですが、もう1つ、実は女性ホルモンも歯周病につながる要因として挙げられるのです。女性ホルモンの1つであるプロゲステロンが増えてくると歯肉が過敏になり小さな刺激に対しても反応するようになるのです。「月経の前には歯肉が晴れる」という方がいらっしゃいますが、これも女性ホルモンの影響によるものなんです。 ただし、この症状を女性ホルモンによるものだからと、放置しておいてはいけません。実は・・・  詳しくは、動画をご覧ください。


● 愛犬家は歯周病になりやすい

ペットとして犬を飼っている方は多いと思います。
家族の一員のように愛されていることでしょう。でも、そのペットへの愛情がアダになって、愛犬家は歯周病になりやすい、と言う事があるのです。

実は、ペットも歯周病になるのです。ペットの歯周病も原因は人間と同じく細菌と噛み合わせです。さらに問題なのが、その歯周病が飼い主さんにうつる事がある、と言う事です。 ペットを飼っている方は、ぜひ、こちらの動画をご覧ください。


ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせは

歯周病について:
PCP丸の内デンタルクリニック(東京都千代田区丸の内の歯科医院・歯医者、東京駅 徒歩1分)