インプラントとは

歯を失った方へのインプラント治療 歯科インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。

インプラントには、もともと医学用語で「植立する」という意味があります。最近話題になっている心臓移植や肝臓移植は、ドナーという臓器提供者がいて初めて成り立つものです。それを医学用語でトランスプラント(移植)と言います。

一方インプラントは生体にとって無刺激・無毒で、体に適応しやすい性質(生体親和性)の高い人工的なものをその臓器の代わりに使います。例えば、人工肝臓や人工関節などが、それにあたります。

歯科インプラントも同じように歯の根の代わりをする金属(チタン)などの人工材料を利用しています。

埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定されます。その上に取り付ける人工の歯も、患者さんに合わせて一本づつ作るので、見た目が自然で美しく、噛みごこちも外観も天然の歯とほとんど変わりありません。何でも美味しく食べられます。また、自分の歯と同じように歯磨きができますので、家族の前でも入れ歯を外すような事はありませんし、外食や旅行にも心配なく行けます。

入れ歯ではどうしても満足する事が難しかった 「食べる・話す」 事も、インプラント治療によりご自分の歯と同じような感覚を取り戻す事ができます。

当院のインプラント治療

人生を前向きに楽しみ、充実して過ごされる患者様の生活を、私たち歯科スタッフとインプラントがしっかりサポート致します。

インプラントの大きな特徴としては、以下のような事柄が挙げられます。

  • 周辺の歯を傷つける事無く人工の歯が入り、見た目にも自然です。
  • 固定式なので、安定性がよく、食物を噛み砕く事ができ、味や感触が良くわかります。
  • インプラントが、あごの骨がやせるのを防ぐと言われます。


インプラント治療を成功に導く為には、より専門的な知識と経験、設備、更に高度な技術とが必要になります。当院は、3iインプラント・ブローネマルクインプラント治療を施術するクリニックとして認定されており、インプラント治療には、全てインプラント施術の経験が豊富なインプラント専門医が治療にあたります。インプラント手術は、感染症を引き起こさないよう衛生管理された個室にて行なわれ、使用する器材・器具につきましても、最新・最良の方法にて殺菌・滅菌・消毒作業を行っております。

インプラント治療症例

インプラント治療を受けると、どのようになるのか、実際のインプラント症例をご覧下さい。

【症例 1】
失われた1本の歯・歯根のかわりに、インプラントを1本だけ使って修復する方法は最も洗練された治療法です。現在のインプラント治療は、審美的にも、まるで歯が戻ったかのような自然な仕上がりが可能です。

インプラント治療症例1


【症例 2】
当時、患者様は歯科治療恐怖症で、インプラントの手術をするのに1年を要しました。下顎左右臼歯部にインプラントを植立。上顎は、セラミックにいる審美治療を行うと同時に、噛み合わせも改善しました。現在も、必ず1ヶ月に1回メンテナンスにいらしているので、歯肉の状態、バランスともに良好です。

インプラント治療症例2

インプラント治療、重要な事

インプラント治療が終わっても、それで安心することはできません。インプラント・人工歯は、天然歯のような防御機能がありません。天然歯と同じように、インプラントにも良好な口腔衛生が必要になります。不十分な口腔衛生状態が続くと、インプラントの脱落などの原因になります。

良好な口腔衛生を保つ為には、定期的な検診(通常 3~6ヶ月ごと)と、毎日のブラッシングとフロッシングが必要不可欠です。良好な口腔衛生はあなたの天然歯を強く健康にし、長期にわたってインプラントの機能を維持させます。


歯を失ってお困りの方、インプラント治療をお考えの方、是非一度ご相談下さい。
インプラント治療についての動画はこちらから

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせは



インプラント:PCP丸の内デンタルクリニック(千代田区丸の内の歯科医院・歯医者、東京駅 徒歩1分)